オーガニックコスメを愛用しています

自然派と医療派化粧品のバランス

化粧品は大きく2つに分かれます。

 

自然派化粧品・・・オーガニックコスメをこよなく愛している人が増えてきています。自然派ですから、天然成分や無添加などのキーワードが当てはまります。どちらかというと年齢が高くなった人にナチュラル志向が多くなるようです。

 

医療派化粧品・・・最新医療や技術に信用を置いている人たちが使っているようですね。有効成分やアンチエイジングというキーワードが当てはまります。ボトックス、レーザー治療なども含まれます。

 

でも自然派化粧品だけ、医療派化粧品だけに揃える必要もないですから、バランスよく使っていきたいですね。

 

それぞれに優れているところがありますから。

 

今では化粧品全成分表示制度になっているので、化粧品に使用するすべての成分の表示が義務付けられています。

 

昔は申請をして許可をもらっていたのですが、今ではすべての成分が表示されているので、自己責任で化粧品を選ぶ必要があります。

 

でも専門家ではないわけですから、自分で全てを覚えておくのは厳しいです。

 

それでも化粧品選びにはいくつかのポイントがありますから、それを抑えておく必要がありますね。

 

成分表示は含有量の多い順

 

たくさん表示されている化粧品の成分ですが、含有量の多い順番に表示されています。

 

化粧水だったら水と記載されていますね。

 

必要な有効成分が上位に表示されているものを選びたいですが、効果があるような成分くらいはしっかりと押さえておかないといけません。

 

含有量が1%未満の成分は順不同ですが、どこから1%未満なのかは分かりません。

 

ただ下の方に並んでいる成分はほとんど肌に影響しません。

 

化粧品を買う時に植物エキス配合などと書かれていても、下の方にその植物成分が表示されていたのでは、ほとんど意味がないということですね。

 

惹かれる成分だったら、上位に表示されていて始めて効果を感じられることになります。

 

敏感肌や乾燥肌の人はアルコールを避ける

 

エタノールというアルコールは収れん効果があって、油溶性なので皮脂腺の多い鼻周りやデコルテや背中への使用はおすすめです。

 

ただ刺激が強くて肌を乾燥させてしまうので、敏感肌や乾燥肌の人は注意したほうがいいのです。

 

エタノールが買いに表示されているようなら、ほとんど肌への影響はないですから、表示順番をしっかりチェックしたいですね。

 

無添加化粧品は必ず安全ではない

 

無添加化粧品は、アレルギー反応を起こしやすい102の成分を添加していない化粧品です。

 

無添加化粧品のイメージは、自然だったり肌に優しいイメージがありますが、必ずしも肌に優しいとは言えないようですよ。

 

たいていは化粧品には防腐剤が入っていないと菌が繁殖して腐ってしまうので、表示指定成分ではない防腐剤や酸化や腐敗しない合成ポリマーで化粧品が作られています。

 

こんな感じで表示指定成分以外には発がん性や環境ホルモン成分などもあるので、無添加化粧品といっても必ず安全と言うわけではないのですね。

 

量が多いと肌を荒らしてしまう界面活性剤などはアレルギーを引き起こすことがないので表示指定成分には入っていませんからね。

 

無添加化粧品を買う場合でも、低刺激で肌に優しいとだけ思わないほうがいいようです。

 

以外に注意が必要な天然成分

 

無添加化粧品と同じように天然成分も肌に良さそうなイメージを持っています。

 

でもアレルギーを起こす可能性は、合成よりも天然成分の方が高いそうです。

 

自然界の物質といえども肌に有害なものがたくさんあるのですね。

 

しっかりと計算されて科学的に合成された成分のほうが安全性が高いことが多いようです。

 

界面活性剤に注意

 

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせるもので乳化剤とも言われます。

 

化粧品に乳化剤が入っていないと、水と油が2層に分かれてしまうんですね。

 

乳液やクリームに入っている乳化剤は肌トラブルを起こすことはないのですが、洗浄成分の強いクレンジング剤や洗顔フォームに入っている界面活性剤は肌に悪影響をあたえることがあります。

 

ずっと肌につけていると、肌を傷めてしまうんですね。

 

石油系の界面活性剤が悪いと言われていましたけど、最近は安全性が高くて肌に優しいものも作られてきているようです。

 

洗い流すものに含まれる界面活性剤には注意が必要ということですね。